組合案内

組合案内

Association information

理事長のご挨拶

地域に必要とされる業界へ

 現在、県内では16の組合員が71店舗を展開していますが、新型コロナウイルスの影響を受け、お客 様数及び売り上げとともに、コロナ前と比べて2~3割減となりました。

 しかしながら、全国のパチンコ店でクラスターの発生はありません。従来から換気対策や消毒などの感染対策を徹底していることが功を奏しています。

 遊技機では、コインレスのスロット「スマート遊技機」の導入が始まりました。設備面でコストを抑制でき、ゲーム性の面でもお客様のニーズが高いと考えております。


 私は、2022年6月に理事長に就任しましたが、予てから「業界のことを正しく伝え、イメージをよくするためには分かり易い組合名称が良い」と考えており、12月から「沖縄県遊技業協同組合」から「沖縄県パチンコ・スロット協同組合」に変更しました。

 業界の動向に目を移すと、趣味の多様化が見られ、全国的に遊技人口が年々減少しております。
時代 の変化やお客様のニーズに、適切に対応できていなかった事が要因の一つだと思いますが、その一方 で変革のチャンスでもあります。

 たばこ臭い、うるさいといった「昭和のパチンコ屋さん」のイメー ジがあるかもしれませんが、臭い・騒音問題は解消が進んでいます。

 また、事業者としての責務をしっかり果たすため、ギャンブル等依存症と言った負の側面にも真 摯に向き合い、のめり込み防止対策を進めています。

 その一つとして1ヶ月の来店回数や使用金額を あらかじめ店舗に届け出る「自己申告・家族申告プログラム」を県内71店舗全店が導入しています。

 さらに、リカバリーサポート・ネットワーク(パチンコ依存症問題無料相談期間)を業界一体となり支援しています。


 当組合は「沖縄県パチンコ・スロット防犯協力会」及び警察署ごとに同支部を設置し、警察などと 連携して地域の安全活動を実施しています。

 また「パチンコ・スロット助成事業」として、各分野で 活動している個人や団体への助成や障害者就労支援などを継続的に行なっており、今後とも地域のニーズに応えられる社会貢献活動をしっかりと行なっていきたいと思います。

 日々の生活の中で、ちょっとした喜びの瞬間を感じて貰える「県民から親しまれる身近で手軽なア ミューズメント」を、これまで以上に目指していきます。

 今は「0.5円パチンコ」など、少額でも楽しめる遊技台も増えています。パチンコ・スロットの面白さ、楽しさを発信しながら、パチンコ店が地 域の憩いの場としての役割を発揮できるようにしたいと考えています。


 我が業界は、のめり込み問題や遊技人口の減少など課題は山積していますが、こんな時こそ組合員 が一丸となって知恵を出し合って、この難局を乗り切り、県民の皆様のアミューズメントとして定着させたいと思っています。

沖縄県パチンコ・スロット
協同組合とは…

沖縄県内で営業しているパチンコ・スロット店舗の団体として、昭和27年に琉球遊技事業協同組合連合会という名称で発足し、その後数度の改称を経て令和 4年に現在の沖縄県パチンコ・スロット協同組合となりました。
パチンコ・スロット営業の健全な発展や経済的地位の向上を目的とした活動のほか、暴力団の排除活動、社会貢献への取組みにも努力しています。特に福祉関係への支援活動は、不況の時代にあっても毎年欠かすことなく物品や助成金を寄贈する等の活動を行っています。
パチンコファンの皆様に対しましては、素敵な景品が当たる、全国及び九州沖縄地区「パチンコ・スロットファン感謝デー」の開催や、不正を厳しくチェックするための「不正排除システム」を確立し、楽しく安心して遊べるための環境作りを行っています。
  • 組合名
    沖縄県パチンコ・スロット協同組合
  • 代表者
    理事長 新垣 善彦
    (あらかき よしひこ)
  • 所在地
    〒901-2131 沖縄県浦添市牧港1丁目56番14号 (沖遊連会館2F)
  • Email
    info@okiyukyo.com
  • 所管
    沖縄県公安委員会 沖縄県警察
  • 組合員
    16名
  • 出資金
    14,540,000円
  • 店舗数
    71店舗
  • 電話番号
    098-874-6445
  • FAX
    098-942-1177